マイカー 歴史

マイカーの歴史

物心がついた頃、我が家にクルマがやってきました。
さすがにその時の記憶はないものの、いつの時代にも傍らにはマイカーがあり、決して裕福な家庭ではなかったのですが、旅好きの父親は姉と私、そして母親をいろいろなところにマイカーで連れて行ってくれました。

 

[スバル360]
中古で購入。空冷2ストローク2気筒のエンジンは確か20馬力、その非力な心臓で親子4人を乗せて毎年、信州の温泉に連れていってくれました。現在と違い、クルマにはエアコンなどなく、大汗をかきながら3角窓(若い人にはわからないだろうなぁ)からの風が頼りでした。美ヶ原高原の上り坂を上れなくて母親が下りて押したというエピソードも今では笑い話です。

 

[スズキ・フロンテ]
我が家が購入した初めての新車。子供心にただのフロンテではなく、あのG.ジウジアーロ氏デザインのフロンテクーペにして欲しかった(後席の住民としてはクーペでなくて正解でしたが・・・)のですが・・・2ストローク3気筒エンジンはもちろん360ccで、紫煙を吐いて走るRR車でした。